Blog&column
ブログ・コラム

相続に関する相談行政書士

query_builder 2021/08/22
コラム
28
行政書士は、相続に関する様々な相談に乗ることができます。
今回は、行政書士相談する際の相続の代表的な書類について見てみましょう。

行政書士相談するのがよい相続書類
相続をするにあたって、行政書士相談するのがよい代表的な書類があります。

遺産分割協議書
遺産分割協議書とは、亡くなった人が持っていた財産を法定相続人でどのように相続したかを記載した書類のことです。
必ず作成しなければならないというわけではありませんが、法定相続人が何人か存在する場合は明らかにしておいた方がいいでしょう。

遺産分割協議書の作成
遺産分割協議書は、必ず法律家が作らなければならないというわけではなく、自分で作ってもかまいません。
ただし、亡くなった人の出生地から、亡くなった時に住んでいた場所の戸籍をすべて辿る必要があります。
そのため、場合によっては遠方にまで足を運び、役所で戸籍謄本をあげてこなければならず、時間と手間がかかるのは必至です。

遺産分割協議書を作成するメリット
誰が何を相続したかを明らかにしておけば、後になってから「あのときの相続は不公平だった」と言っても、泥沼の遺産相続になりにくくなります。
というのも、遺産分割協議書を作成するにあたり、納得した上で署名し、実印による押印が必要だからです。
行政書士に依頼すれば、きちんとした遺産分割協議書を作成してくれます。
自分で作れるとはいうものの、時間と手間、そして信頼性を考えると、行政書士相談するのがおすすめです。

▼まとめ
身内同士が相続で揉めるという話はよくありますが、それを避けるには遺産分割協議書の作成が効果的です。
ただ、手間と時間がかかることから、行政書士に頼んでしっかりした遺産分割協議書を作ってもらうのがいいですね。
当事務所では、相続に関するご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

NEW

  • 自筆証書遺言書補完制度について

    query_builder 2021/04/05
  • 車庫証明とは?引っ越しで必要な車庫証明について

    query_builder 2021/12/01
  • 車庫証明とは?車庫証明の必要性について

    query_builder 2021/11/15
  • 自筆証書遺言とは?その書き方について

    query_builder 2021/11/01
  • 財産調査とは?その方法について

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE