Blog&column
ブログ・コラム

行政書士に依頼できる書類作成とは?

query_builder 2021/08/15
コラム
27
複雑な書類作成は、行政書士に任せるのが安心です。
そこで今回は、行政書士に依頼できる書類作成について見ていきましょう。

行政書士が行う書類作成の種類
行政書士は、さまざまな種類の書類作成を行います。

契約書
仕事における契約や、個人間で交わす契約に至るまで、世の中にはさまざまな契約書が存在します。
行政書士は、こうした多種多様な契約書を作成するプロフェッショナルです。
場合によっては、契約書に付随する書類作成も行いますので、書類作成を丸ごと依頼し、業務の負担を軽減することができます。

■協議書
協議書とは、話し合いを元に決めた内容を書面に記した書類のことで、離婚の際や相続において作られることがよくあります。
離婚の場合は離婚協議書、相続においては遺産分割協議書や財産分与協議書などです。
こうした協議書を作成しておけば、後になって「言った」「言わない」という押し問答を避けることができます。

遺言書
遺言書には、自分で書いて保管しておく自筆遺言、公証役場で保管する公正証書遺言、さらに遺言書を封筒に入れて封緘し、公証役場で内容を証明してもらう秘密証書遺言の3つがあります。
それぞれの遺言書によって取り扱いが異なりますので、作りたい遺言書のタイプ別に行政書士相談、もしくは書類作成を依頼するといいでしょう。

▼まとめ
行政書士はさまざまな書類作成を行いますが、普段の生活でしばしば目にするものから、特殊なものまでありました。
法的に有効と認められる書類にするには、行政書士相談し、書類作成してもらうのが安心ですね。
当事務所では行政書士が判断し、最適な書類作成を行いますので、まずはご相談ください。

NEW

  • 自筆証書遺言書補完制度について

    query_builder 2021/04/05
  • 車庫証明とは?引っ越しで必要な車庫証明について

    query_builder 2021/12/01
  • 車庫証明とは?車庫証明の必要性について

    query_builder 2021/11/15
  • 自筆証書遺言とは?その書き方について

    query_builder 2021/11/01
  • 財産調査とは?その方法について

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE